脂肪吸引の種類

一言に脂肪吸引と言っても様々な種類や方法があります。
機械を使わず手作業で行う脂肪吸引、脂肪溶解レーザーで脂肪を分解して行う脂肪吸引、脂肪を分離させながら行う脂肪吸引、超音波脂肪吸引、数か所の切開を行う脂肪吸引等。

吸引する部位や脂肪の量、仕上がりのイメージや予算などに応じて方法を選ぶことになります。
それぞれ異なるメリットとデメリットもあり、体への負担やダウンタイム、アフターケアなどの知識も必要となります。

脂肪吸引と豊胸、一緒に受けると負担は?

最近では脂肪吸引と豊胸手術を一緒に受ける美容整形が主流になりつつあります。部分麻酔が多い美容整形の中でもどちらも全身麻酔を使用しなければならない大がかりな手術なのですが、同時に受けるということで体への負担はどうなのでしょうか?ダウンタイムはそれぞれ別々に受けるのと変わらず1週間程度と言われています。

主に出る症状としては腫れや、筋肉痛のような痛みであると言われています。基本的に当日はシャワーNGで、湯船につかることに関しては1週間程度避けておくのが無難でしょう。そんなに待てないという人は独断で判断する前に医師に確認してみてください。

脂肪吸引とvaser

脂肪吸引のサイトを検索しているとvaserの機器を利用した脂肪吸引が多く出てきます。そのサイトによるとvaserの脂肪吸引の方が安全でより確実に脂肪を取り除けるようです。そのため日本の多くの美容外科で導入されてきているようです。

Vaser4Dスカルプトというのもあり、VASER発明の父Dr.Alfredo HOYOS氏が開発したメリハリボディを作る脂肪吸引、脂肪注入技術のようです。この技術を利用すると注入した脂肪細胞が、実際の筋肉と共に自然に連動し、まるで筋肉のように動きます。見た目はまるで筋肉のようです。このVaser4Dスカルプとを受けようとすると日本の第一人者の一人としてKunoクリニック代表である九野氏をおすすめします。

脂肪吸引のダウンタイムって長いの?

脂肪吸引のダウンタイムというのは果たして他の美容整形に比べて長いのでしょうか?こちらの施術は専用の機械を使用して脂肪の吸引を行っていきます。この際にかなり体に圧力をかけることになりますのでその圧力によって痛みが出てしまうことがあります。

実際に筋肉痛のような痛みがあるのがこちらの施術の特徴と言われています。まず施術が終わってから3日間は感染などを防ぐためにもお風呂はNGです。湯船に浸かれるようになるのも1週間くらいたってからになります。気になるのはわかりますができるだけ傷口は触らないようにしましょう。

美容整形は美容外科kunoクリニック 大阪、東京

東京銀座院
〒 104 – 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/ 公式
http://www.d-biyou.com/michelangelo/ 脂肪吸引
http://bust.k-biyou.com/ 豊胸
http://nose.k-biyou.com/ 鼻整形
http://eye.k-biyou.com/ 二重整形

脂肪吸引、脂肪注入による豊胸手術、デカ目、二重まぶたにする二重整形、隆鼻、小鼻などの鼻整形などの美容整形。
Vaserによる脂肪吸引、豊胸、小顔で有名。

他院での美容整形手術の修復、アンチエイジングも行っています。

関連

MENU

TOP 美容外科 美容整形 脂肪吸引 脱毛 隆鼻 美容外科について 美容整形について 脂肪吸引について 隆鼻・鼻整形